お知らせ

ブログ

日本の美を伝えたい-鎌倉設計工房の仕事 544

世田谷のコッテイジ―リノベーション前

前回の外観図、低い屋根を室内側から見るとこのようになります。

如何にに正面の隣家から視線がこちらに通らぬようにと、

屋根を地面近くまでおろす、にしても、これは極端かもしれません。

が敢えて行っています。そしてここから増築が始まりました。