べんがらちゃんの目

日本の美を伝えたい―鎌倉設計工房の仕事 150

「三浦の濃紫べんがら」

 

今回の写真は

前回と比べ天井部分を大きく写しています。

 

キッチンの様子も少しわかりますが

キッチンの紹介は次回以降として、

べんがらの効果について考えてみます。

 

木材は種類によって色が違います。

それぞれの味わいを活かし、そのまま自然の状態を楽しむ方向と

塗装することで、雑然とした色の違いを統一し壁の白と対比させて

モダンな印象にする方向とがあります。

 

写真の中には家具の一部の扉や階段、床など白木のままに

しているところもありますが、色の分量をコントロールするため

強調したい部分はべんがらを塗らず白木を残しています。

前回の画像と今回とではキッチンの扉の塗装が異なりますが

現場で検討しべんがら塗装を追加することで、部屋の重心を下げ

落ち着きのある空間へとコントロールしています。