べんがらちゃんの目

日本の美を伝えたい_鎌倉設計工房の仕事 461

「四神相応の地に建てる」

 

前回は1階玄関ホールと階段踊り場ベンチとの

位置関係について、見てみました。

今回は少し、斜めの角度で踊り場を見ています。

踊り場ライブラリーからは画像右下にある、

数段の階段を経て(ブログ459参照)2階になります。

踊り場は南に面し、深い軒でおおわれ、窓からは

向かいの山の気配、鳥のさえずりを感じ、

また1階と2階、双方の風の取り入れ口として、

役割をはたしています。

 そのため、ベンチの背あて部分は竹の格子ですし

踊り場から2階への階段は透かしています。