べんがらちゃんの目

日本の美を伝えたい_鎌倉設計工房の仕事 453

「四神相応の地に建てる」

 

浴室の窓を外から眺めたところです。

リビングから次第に雁行して

屋根が下がってゆき浴室窓の外で

最も低くなります。

高さは地上から1.9m。

1.5mの高さに抑えた事例は

鎌倉の家と伊豆高原赤沢の家とがありますが

いずれも浴室から外を眺める

ケースで、屋根を低く抑えています。

自分の姿は外から見えづらく

内側からは外の景色が手に取るように見える

工夫があると落ち着いたスペースになります。