べんがらちゃんの目

日本の美を伝えたい_鎌倉設計工房の仕事 444

「四神相応の地に建てる」

 

トイレの内出窓を外から見ています。

廻りの豊かな緑が目に入りますが

今まで見てきたように

実はリビングからも大いに眺める、つまり

リビングからはトイレの窓が丸見え!

なわけです。

内出窓にせず、直接壁に窓が付いていて

窓を開ける際、リビングにいる人と顔があって

やあ!こんにちわ!でもよい。

が、ここは

美しく、少なくとも何か物語があるように!

 

 内出窓にすれば、

窓を開けても顔が合うこともなく

内出窓全体が照明ボックスにも見え

実際内側からも行燈のように見えるので

「窓」の感覚が薄れます。

トイレ窓からは裏手全体が見渡せ

荒々しい岩盤の光景や

野ばらがしだれ咲く様子を日表から眺めます。

 

 小さな部屋ですが

自然との触れ合いが生まれると

意識も広がってゆきます。

昔の厠のように!