べんがらちゃんの目

日本の美を伝えたい_鎌倉設計工房の仕事 435

「四神相応の地に建てる」

 

山に近く湿気が多いので

通常の建物よりも大分基礎の高さを高く取っています。

畳の部分は板床からさらに高くなるので

収納力は十分。このように利用しています。

 写真の壁際を見ると納まりが見て取れますが

板で構成されている赤壁のはずが

全て板ではなく柱が一部に混ざっていることがわかります。

前回の梁を見上げた画像で

上部の梁相互が直角に交差している部位の

赤壁が板ではなく柱になっています。

そういえばほんの僅か、板の幅が違いますね。