べんがらちゃんの目

日本の美を伝えたい_鎌倉設計工房の仕事422

「四神相応の地に建てる」

 

写真は前回ブログの撮影位置から少しトイレ側に近づき

、空を見上げています。

トイレの屋根軒先は左手に伸び、さらにL字型に折れて

ダイニング側の小庇に繋がる様子が見えます。

よく見ると

L字型に折れている変換点は緩くカーブを描いています。

直角で繋がっていてもよいのですが

ご覧のように他の角々が皆、鋭利に角を出しています。

ダイニングの室内側からこの部分を見る機会もあるので

あえて目に優しく曲線を描いています。

板金職人の腕の見せ所でした。

 画像として全体が暗めですが、

人の目にはもっと明るく、カーブも目立ちます。

 

ガラスに山の緑が映るように2階客間からは

山に生息するタヌキが眺められます。

格子は木製で、その上にガルバリュウム鋼板を

巻き耐候性を向上させています。

プレーンな素材感ですが

外壁のガルバリュウム小波鋼板の陰影ある表情と

対比を成し、モダンでありながら侘び錆び感も

あり、まことにいいですねー!