べんがらちゃんの目

日本の美を伝えたい_鎌倉設計工房の仕事 421

「四神相応の地に建てる」

 

前回ブログの写真は室内からでしたが

今回は外に出て山側から写しています。

ここからですと「カウンターの足」のみならず

ダイニングから階段室やリビング方向の様子も見て取れます。

ちなみに、前回も写っていた右端の明かりはトイレの窓

ですが硝子の反射がありません。

じつはトイレの照明は外部の軒天井に設置されています。

いわば内部と外部の中間、縁側のようなところにつけてある。

外灯でもあり室内灯でもある、どのように室内に取り込まれているのかは

そのうち写真で説明しますがヒントは昔のトイレ。

昭和の家を訪れると、縁側の突き当りにトイレがあり、

しかも男性用の小便器が手前にあって、奥が大便器になっている。

相互は杉の板戸などで区切られているが、壁の上部の一部が刳り貫いてあって

そこに裸電球が取り付き、双方に明かりを供給するのを見かけます。

子供のころの我が家にもあり、その後、登録文化財建物に訪れても

遭遇し、不思議に魅力的なのです。

今回はトイレ自体が魅力的になるのに一役買っています。