べんがらちゃんの目

日本の美を伝えたい_鎌倉設計工房の仕事 331

「鎌倉 天空の館」

 

前回の写真では閉まっていた

和室の戸襖を開けています。

書院の設えや赤茶雲母紙の襖が見えます。

建築主が選択したソファーは

arflex(アルフレックス)BRERA(ブレラ)

Sergio Brioschi(セルジオ ブリオスキ)のデザインです。

和室側ソファーの端部を上から見ると45度にカットされており

和室の出入りには都合がよい。

インテリアが渋く落ち着いているので、きらびやかな絵や

原色に近いクッションが映えます。