べんがらちゃんの目

すまいと私たち

住まいと私たち

 

建物の設計をする際

依頼主から出されるいくつもの要望を解決します。

実現が難しいこともある一方

思いもよらぬことが完成後、

生まれることがあります。 

 病気の人が治ったりすれば奇跡なのですが

それが新しい建物での生活で起こる。

 

完成後の住宅2件で伺ったことです。

新築や改修を行って以来、家族も驚くくらい

痴呆症の症状がよくなっている。

 以前の家が住み辛く、新築や改修を行えば

辛さが改善されるわけだから病気が治ったり、

症状が軽くなるのは当たり前で、

奇跡でも何でもない!

 

かもしれません。

が、最近そんなお話を聞いて、

とても嬉しかったわけです。