べんがらちゃんの目

日本の美を伝えたい_鎌倉設計工房の仕事 320

「鎌倉 天空の館」

 

ここ何回かの画像に

映っていたのですが、

カーポートの軒裏部分、特に前回言及した

寄棟屋根の隅木部を

拡大した。写真です。

屋根組を受ける桁が交差する点に

通常は柱が来ますが、少し

玄関側に奥まった位置とし、

車を入れやすくしています。

 

屋根全体を断熱層で覆っているので

2重垂木,ふた軒になるのですが、

社寺建築の地垂木と飛燕垂木のように

垂木先端の小口を見せることはせず、

先端を削ぎ落し、シャープに見せてます。

と言えば簡単なようですが

これが難しい。

垂木の先端を最初からカットしておくと

垂木が並んだ線が通らない、

したがい、

カットしないままセットして

後から水平に糸を張って

それを目安に1本1本カットしてゆくという

大工の妙技が、先端の鋭さを生み出しています。