べんがらちゃんの目

日本の美を伝えたい_鎌倉設計工房の仕事 316

「鎌倉 天空の館」

玄関戸を正面から見ています。

右手の板壁は塀の延長なので

高さを塀に合わせているため

写真のように玄関戸のほうが少し高くなり

鴨居の下をくぐって

塀がそのまま玄関内へと続いてゆく

そんな風にガラスに移りますが、、。

実は、実際そうなっており、内外の広がりを助けます。

 ガラス部は透明ガラスに格子模様

のシートを張り、外から室内への視線を抑制します。

 

床の話に戻りますが、種石は蛇紋石。

現場での目地の作成は

真夏の暑いさなか、3日かけ

5ミリ厚のスタイロフォームに

型紙を当ててカットしました。