べんがらちゃんの目

日本の美を伝えたい_鎌倉設計工房の仕事 290

「数寄屋ルネサンス」

前回のブログ写真で

天井板に使われていた杉材です。

場所は東京デズニ―ランドにちかい

浦安の木材センター。

問屋さんがいくつか集まっています。

目当ての問屋さんにはなく仲間の問屋さんから出てきた

材料をいただきました。

秋田杉のうづくり源平仕様のものです。

木目には固い冬目とやわらかい夏目がありますが

やわらかい夏目をワイヤーブラシ等でこすりへこませ、

固い冬目を浮き上がらせ、木目を強調した作りです。

源平とは、木目の赤い部分(赤味)と白い部分(白太)

分かれている材料の事です。

写真では板の中央部が赤味、端部が白太になっています。

板の厚さは7mm、幅は30㎝、長さは190㎝

このままですと表面の板の表情はわかっても

その下にどの様な材料が重ねられているかは不明。

そこで梱包をといで並べることにしました。

それは次回に。

 

なお浦安の近く有明の東京ビッグサイトで

本日まで

インバウンドJAPAN2017が開催されています。

当社もそれに出展し、和風の旅館や民泊の参考になればと

活動を展開しています。

大きなイベントですのでセミナーも同時開催されており、

昨日は外務省が行っているJAPAN HOUSEの

パネルディスカッションがあり聴講してきました

ついでがあればお立ち寄りください。