べんがらちゃんの目

日本の美を伝えたい_鎌倉設計工房の仕事 238

「柏の黒紫べんがら」

床の間前の棹縁天井詳細です。

神大杉の板も羽重ね部分はあまり段差がなく

控えめな継ぎ目を見せています。

棹は猿頬(長方形の棹断面の下半分を60度ぐらいに面を取ったもの)

ですが、建築主の希望は本来丸竹を棹に使うことでした。

大工さんと納まりを打ち合わせ、最終的に

通常の棹を使うことになったのですが

写真をよく見ると見上げ面に白い線が入っています。

これは

竹を割いたものを埋め込んでいます。

運よく地元の材木店にありました。