べんがらちゃんの目

日本の美を伝えたい_鎌倉設計工房の仕事 233

「柏の黒紫べんがら」

再び玄関室内側に戻って

これは入口の扉を開けて

正面を眺めたところです。

土間の小粒砂利洗い出しから欅の式台と上り框

桧の縁甲板に

座敷の畳へと続く、硬いものからより柔らかいものに

床の素材が変化してゆくのも、和風の伝統ならでは。

細やかで繊細な感覚です。

細かな竪桟の美しい大阪格子戸の手前、

左側には何かがライトアップされているように見えます。

また座敷も左手奥にいざなうように書院の明かり障子がみえ、

どのような空間がそこに広がっているのか

ますます奥ゆかしさを感じる。

玄関の玄の意味するところです。