べんがらちゃんの目

日本の美を伝えたい_鎌倉設計工房の仕事 226

「柏の簓子(ささらこ)下見」

簓子下見とは外壁の板張りの一つです。

城郭の外壁にも使われ、明治大正昭和とつづき

きわめて少なくなりましたが今日でも、外壁仕上げにリクエストのある、

息の長い板張り方法です。

棹縁天井を外壁に持ってきたような形で、板が重なり合い

棹のような押し縁で板を側面から押さえます。

これにべんがらを塗ると陰影豊かになってくる、

その様子はいずれ紹介しましょう。

今回はまず玄関の土間から。

式台は欅の一枚板、床は小粒砂利の洗い出し、

那智黒でボーダーを入れています。