べんがらちゃんの目

日本の美を伝えたい―鎌倉設計工房の仕事 203

日本の美を伝えたい―鎌倉設計工房の仕事 203

「鎌倉の濃紫ベンガラ」

 

前回の画像、左手におぼろげに

階段が見えていました。

実際はこのようにトイレと土間側の壁とで挟まれた

スペースに配されています。

足の踏む板は桧、蹴込み板は杉、

床の延長として考えベンガラ塗りではなく

白木のままです。

右の明るい壁は玄関へ

左側は土間から更に外部へと続きます。