べんがらちゃんの目

日本の美を伝えたい―鎌倉設計工房の仕事 189

日本の美を伝えたい―鎌倉設計工房の仕事 189

『わびさび庵』

 

前回画像右手の窓を見ています。

天井の垂木が外まで伸びているのがわかります。

外の緑とべんがらの赤が白壁の中に浮き上がります。

 

窓廻りをすっきりさせようと

窓台は木(ワトコワックス仕上げ)、壁は白壁を回し、

額縁といわれる木は付けない。

 

問題はサッシ上で梁の底を見せたいのですが

ここは必ず隙間ができます。

が、このように

黒竹を埋め、さりげなくカバーします。