べんがらちゃんの目

日本の美を伝えたい―鎌倉設計工房の仕事 188

 

『わびさび庵』

ブログ186の画像を引いて部屋全体を入れて撮ったものです。

ところで訂正を一つ。

前回のブログで建て主が壁の仕上げを行ったわけですがこのようにうまく塗れるには、わけがあり それをお伝えするのを忘れていました。

白壁の下地は石膏ボードには違いないのですが その上にすでにkobauコバウという塗下地用の壁紙が張ってありました。

だから素人が塗っても、こうもうまくゆくわけです。

なにせ、現場監理の最中 この壁紙を貼ったときは、 もうこれで十分! 汚れさえ気にしなければ、 と思うくらいきれいでしたから。 クロスを張った方も職人そのもの。

腕の良さは技能グランプリ入賞で実証済みです。

ところで窓の外には屋根が見えます。 部屋の天井はそのまま屋根(軒)となって外部に現れています。 室内にある要素が外にもあること。

これによって 外も内に取り入れた広がりが出てくる、 内外の一体感を出すテクニックです。