べんがらちゃんの目

日本の美を伝えたい―鎌倉設計工房の仕事 187

 

『わびさび庵』

前回の画像は階段室を正面から見ていましたが 今回は少し斜めから望んでいます。

階段中央の柱と梁との関係、壁の中に入っている 桁や、梁の関係が立体的に眺められます。

梁にはプレカットの段階で梁に溝を切り 建具のハンガードアのレールを埋め込んでいます。

ドア枠などの煩わしいものを取り払い、シンプル、かつ洗練された美しさを見せています。

それにしても、建築主の自主施工エネルギーには感服します。

それがなかったら、白壁は石膏ボードの黄土色の紙が見え 赤べんがらの木部は白木のままで、工事途中の様相を呈していた 、、、のですから。