べんがらちゃんの目

日本の美を伝えたい―鎌倉設計工房の仕事 170

 『わびさび庵』

だいぶ間が空いてしまったぁ。

建築設計事務所を始めてから35年たちますが この間に携わった約150の建物について記録を整理しました。

これは近々HPの更新に実を結ぶと思います。

 

わびさび庵続けます。

この画像で目に付くのは? (実は工事中で完成前の画像です)

そうです!屋根の裏側になる部位、軒裏です。

箱型のモダン建築は軒の出がなくなりましたが、軒の裏を見せる事も消えてしまいました。

屋根の雨水が排水溝を狙って落ちるよう軒は1.2m近く出しています。

そのため垂木の先端側を削り、かつ赤銅色のべんがらを塗装して軒裏に陰影を作り、あたりに庵としてのわびさび感を醸し出しています。

何本もある垂木のうち1本だけ太いものがありますが、このライン上に間仕切り壁が 来ることを表しています。

庵としてのわびさび感を醸し出します。