べんがらちゃんの目

こだわりに手を添える

日々の暮らしの中で毎日触れるのが床です。

そんな床だからこそこだわりのある方が多いのではないでしょうか。

現在千葉富津市で1階120㎡2階29㎡で平屋に近く横に長い建物を建てています。

今回は設計段階でフローリングは足触りの良い杉を選んでいましたが、工事が始まってからお施主様の御希望という事もあり写真の様なミャンマーチークという材料を使用する事になりました。

この材料は高価な材料なので面積が大きいほどそれだけコストもかかります。

通常全てのフローリングを同じ材料で揃えるのですが、
品質は落とさずに少しでもコストを抑える為、
横に長い1階は幅広い材料で伸びやかに見せ
2階の床面積が少ない部分を同じミャンマーチークでも幅の狭い材料を使用してみてはと提案させていただきました。

巾を落しただけで違いがあるのかと言われればこれだけでも数万円変わってきます。

設計図通り工事を進めるだけでなく、
建物が出来上がっていくにつれイメージが変わっていくのは当然の事かと思います。

最初は実感が湧かなかった隠れたこだわりも、
この様なちょっとした提案でお施主様のお手伝いが出来るのは分離発注(鎌倉設計工房)の良いところかなと思っています。

 

にしした