べんがらちゃんの目

製図版に向かい図面を描く姿

設計者の仕事の一つに、図面を描く、という仕事があります。

当たり前なのでは?と、思われるかもしれませんが、実際には、この「図面を描く」という作業は、お客様の前で行うことは無い(打ち合わせ中にスケッチを描くことはあっても)ので、お客様にとっては、見えない謎の部分と言えるかもしれません。

という訳で、今回は、その図面描きの作業風景を公開いたします。


写真は、所長の藤本が、製図版に向かって、図面を描いている姿です。

事務所の、すだれを掛けた西向きの窓に面して製図台が置かれ、そこが藤本の製図スペースとなっています。

スタッフは全員、パソコンに向かい、CADを用いて図面を描きますが、所長の藤本は、製図版に向かい、手描きで図面を描きます。

仕事が乗っていて、どんどん図面を描いているようなときは、この、事務所の奥の製図版スペースから、口笛が聴こえてきます。

離れたスタッフの席で聴いていても楽しくなってしまうような、かなり流暢な口笛です。

アイデアを出そうとして頭がフル回転の時は、よく独り言が聞こえてきます。

「これは・・・。そうだな~。よし、こうしよう!」

こうして、数々の建物が生み出されていきます。

N.H.