べんがらちゃんの目

大理石カウンター

今回は大黒柱と梁が十字に交差するダイナミックな画像だが
左側には骨董欄間上の襖を開けた様子が写り、右手にはキッチンが。
キッチンは大工と建具職人の合作でいつものようにベンガラを塗装。
柱や梁と渾然一体となる。手前のアイランドカウンター、天板は大理石。
強羅の家でも同様のものを作成したが、今回は炊飯器置き場なども裏側に設けている。
昔、著名なフランス料理のシェフのご自宅をコンクリート打放しで設計したが、その際パティシェでもある奥様のために大理石のテーブルカウンターを要望された。以来
お菓子を頻繁に作らなくとも、カウンターの素材に大理石を使うことがしばしある。
機能性のほかに、周囲の木部のベンガラと石の明るい色とが程よいコントラストを見せ
落ち着いた色合いの中に華やぎをもたらしている。