べんがらちゃんの目

べんがらSa邸-No2

前回画像でコンクリート擁壁ばかりが目立っていたが

その足元にはこのように川が流れている。

と同時に擁壁の巨大さや建設敷地の困難な状況も

お分かりいただけるのではないかと思う。

斜面地はうまく利用すれば、景観、風通し、日照等有利な条件を備える。

実際当敷地の風のあたりは強い。

早く隣地に建物が立ってその盾になって欲しいくらいだ。

画像から大分川側に建物が寄って来ていて、安全性が気になるが

建物自体の基礎は2階と1階とが地面の下で結ばれている。

コンクリート擁壁手前張り出しのように30度程度の勾配で、

1階と2階の基礎が結ばれている。