べんがらちゃんの目

べんがらSa邸-No6

居間の画像です。

右端に見える木の部分には書斎が広がり

見えませんが、手前はキッチン。

ともに居間とは一つの大きなスペースで

べんがらを塗った小屋組みで覆われています。

手前、南側の開口部は絞っています。

朝方は右、東側書斎の窓から居間に光がさんさんと降り注ぎ

昼間は手前、南側キッチンの窓から、夕方は夕日が左、西側のバルコニー

(前回画像をご覧下さい)から、居間にあふれます。

したがって画像中央の窓の明かりは北側ですが、なぜこのように明るいのか?

、、、答えは北側隣家白壁の反射です。