べんがらちゃんの目

横浜都筑の家-No1 玄関アプローチ

べんがらの家でも今回から、かなり和風にシフトした

本格派の住宅を紹介しよう。

したがって、和の要素も現代のモダンなイメージから離れ

古民家の建具なども登場する。

画像は門を通り玄関前まで来たところ。

軒の出は1.8メートルに近い。

柱を途中に立てず、この距離を跳ねだすための軒裏の構造体が見える。

これ自体がデザインであり、深い陰影を作る。

そういえば都筑の家の全体イメージは

谷崎潤一郎の「陰影礼賛」に近いかもしれない。