べんがらちゃんの目

横浜都筑の家-No6 出格子

都筑の家に戻ろう。

この家のテーマの一つは古建具を如何に利用するかということ。

玄関ホールや和室入り口の建具についてその使用例を見てきたが

これは和室の道路側に面する出格子部分の古建具。No1の画像手前部分がその外部だ。

この都筑の家は今年の年賀状にその外観写真を利用させてもらったが、皆さんからの反応はけして懐古趣味的なものではなく、むしろ新しいものとしてこの和風の建物が目に映ったようだ。

伝統的な建物も身の回りに事例がないと特に若い人たちは時代の先端を行くかのごとく目に映るのだろう。

古い建具を再利用する、可能なように工事段階で構造材の高さを決めたり、建具の高さを調整したり手間隙のかかることをやる。既製品の枠付ビニール木目建具を入れれば安上がりだが、この施主はそれを否とし、われわれも賛同する。

すまいにこだわり今まで気に入るものを手にいれるために我慢を重ねてきた施主は

文化の担い手として

えらい!