べんがらちゃんの目

横浜都筑の家-No9 型ガラス

今回は

前回画像の左手、

ガラス格子板戸、そのガラス部分を拡大した画像だ。

模様は笹の葉だろうか、光の当たり具合で部分が際立って見えたりする。

出自は定かではないが、

おそらく古民家の土間に面した板の間とその奥の和室との境に

用いられた建具ではないだろうか。

いずれにしても細かな手仕事のなせる業で現代ではまれなケース。

これは和風住宅のケースだが

まもなく完成を向かえるシェアハウスタイプのモダンアパートメントでも

以前敷地に建っていた和風住宅の建具を全面的に再生し使用する。

欄間についても階段手摺部分に使用、一般的ではなくなってしまった、

木製建具の現代的な使い方を試みている。