べんがらちゃんの目

横浜都筑の家―No17 食堂から茶の間へ

前回の画像のおくに

テーブルが見えるが、今回はテーブル側から逆方向を見ている。

洋風の居間やダイニングと隣接させ、間仕切り自在の

和室を設けると、一体化した使用ができ、居間や食堂

のテレビを見ながら和室で洗濯物をたたんだり、アイロン掛けたりと

床に広げる作業の際は重宝する。

都筑の家では、個室とダイニングの間に、

この和室が位置しているので

個室側に取り込むか、ダイニング側に取り込むか、

使用上選択ができる。

冬場にコタツも可能だし、中庭に面し風通しが良いので、

夏場の昼寝の場所としても良い。

和室が消え行く時代だが、じつに捨てがたい。