べんがらちゃんの目

横浜都筑の家―No21

敷地は北と東側が道路に面している。

北側からの画像だ。

東道路からの前回画像では奥の2階部分がはっきりと出てこないが

北からはこのように見える。

蔵と母屋が一つながりに建てられるのは京都の町屋、栃木、大谷石の蔵、

岡山の倉敷など枚挙に暇がない。

昨年、東日本大震災後8月に、文化財ドクターメンバーの一員として岩手、宮城の

文化財被害度調査を行った。

多くの家屋が流されたあとに蔵が取り残されたようにぽつんと

立っている光景に何度か出くわし、寂寥感とともに、蔵に安堵感を抱いた事がある。

都筑の家は貯蔵庫の役目をするわけではないが、このような、家のイメージの

原点のような形に、やはり安堵感に近いものを感じる。