べんがらちゃんの目

厚木の家-No7

ブログの更新、大分、間が開いてしまいました。

11月の最終ブログが17日付けですから

2週間以上あいてしまったわけですが、

この間、テニス合宿や定期演奏後に開催された

湘南アマデウス合唱団の

被災地慰問旅行で福島に行くなど

決して仕事にかまけていたわけではありません?!

さて、今回は前回画像を玄関土間に隣接する座敷から

眺めたところです。

この座敷、天井をご覧いただきたい。

実は竹でできています。

しかもほんのわずか透いていて隙間から光が入ってきます。

直接の窓のない部屋ですが、天井全体があかるく光る。

川崎の日本民家園を訪れますと、床が竹でできている農家があります。

足が落ちないよう竹を詰めて並べていますが、竹自体が直線ではなく節もあるので

どうしても隙間ができます。

夏はひんやりとした空気がその隙間から上がってきて

昼寝にはもってこいの場所となります。

この厚木の家でもこの天井裏側は2階の床ですので

多少のごつごつ感さえ我慢すれば?

そんな芸当もできるわけです。子猫がたくさんいるので

遊び場になっているのでしょうけれど。