べんがらちゃんの目

厚木の家-No10

直接竹に光が当たる

画像を探してみました。

この写真は奥の天井にわずかに

右のトップライトからの光を受けています。

床はたたみですが

竹や木、植物などで

見事にエイジアンテイストのインテリアを

クライアントは創っています。

 

背後は隠し階段。

京都の町屋や地方の伝統的建築物の保存地区

をめぐってみると「ここは押入れかな」と思い

襖を開けると階段が現れ2階に続くしつらえ

を多く見かけます。

厚木同様、北鎌倉古民家ミュージアムや

鎌倉二階堂の家など現代でも試みていますが

入り口の戸を閉めている限り押入にしか見えないので

階段の所在を隠し、2階の寝室の安全を確保する事が

そもそもの目的だったとも考えられます。