べんがらちゃんの目

木更津の家-No4

前回は庭からだったがガレージスペースを道路側から観ている。

屋根を支える構造体をそのまま現している。

天井を張れば木組みは見えなくなるし、すっきりする。

また細かな部材一本一本を塗る手間も掛からず

したがい、お金もかからない。

しかし

これを見た人は

伊豆韮山の江川邸や高山の吉島家のごとく柱や梁、

が一本一本光り

木の全員で支えあっている様子が分かる。

屋根を支える成り立ちがわかる。

この木更津の家では昔の大工が行ったように

木にはベンガラが塗ってある。

が大工ではなく建て主自身が延々と塗装を行った。

手間隙かけて行う事が家作りにおいてとても重要だと思う。

格がにじみ出てくるし、愛着も芽生え、家族の住まい方が変わっても

工夫して、おそらく家も長生きし、エコにもつながるからだ。