べんがらちゃんの目

木更津の家-No10

前回のブログが丁度一月前、後が詰まってきている。

今日の画像は前回の画像から少し左にみるとこんな光景になる。

従い前回画像の左白壁が今回は右側に映っている。

正面には格子戸があるが引き込んだ状態。

リビングやダイニングを眺める。

このホールの白壁は上から見ると右側の白壁と合わさり

カタカナのハの字になっていて奥のリビングの光景に集中させる。

左手の白壁内側はゆとりあるトイレのスペースになっている。

手前玄関ホールは少し光をおとしているが、リビングへの扉を開けた途端

光はあふれ巨大水平ガラス窓からは、、、

緑あふれる庭園が将来見えるはずである。

現在庭は更地のままである。

明るさと暗さのバランスが程よい空間になっている。