べんがらちゃんの目

洲崎の町屋-1

横浜市金沢区、金沢八景でも有名な平潟湾沿いの洲崎町。

そこに建つ町屋を紹介しよう。

8戸で構成される小さな集合住宅。

30歳代の単身者や若夫婦、幼児がいるかと思えば、70代、80代の

高齢の方々や、50の男性も。住民の年齢構成も幅が広い。

建て主は古家を立て直すに際して1戸建ではなく

何人か集まって住む集合住宅を選択。

今は60歳代だがいつか体の自由が少しずつ効かなくなることを見越して

今回の計画を実現した。

住んでいる人々が一つ屋根の下で共同で住むことを

少し意識し

少しだけお互いに気を使いあう

そんなゆるいコミュ二ティーの形成を目指す。

シエアハウスではなく、各戸にキッチン、バストイレ、洗面所を装備。

全員が集まれるダイニングキッチンやラウンジ、外部にはバーベキューや

桜の花見ができる中庭もある。

この中庭に面して各住戸入口があり

2階廊下からは中庭を見下ろすことになるが

ドアを開ければ自然と顔を見、あいさつ。

ラウンジでは、住人の書道教室、やウクレレ教室

ヨガ体操なども開かれ、住人参加は無論

近所からも知人があつまり、より大きなコミュニティー

にも門戸を開く。

画像は中庭におかれたガーデンチェアー。

ベンガラ塗の木の外壁、

集合住宅というより「一軒の大きな家」。

そのイメージを大切する。