べんがらちゃんの目

洲崎の町屋-17

1DKタイプの住居全体を見ています。

前回の画像とつなげると、右手に見えていた大きな白い箱

(シューズクロゼットと収納)がこの画像の右端に見えます。

靴を脱いで上がると、すぐにDK。

手前ゾーンがメインの個室ですが、DKとは間仕切りがあり(3枚戸)

プライベートなスペースを確保します。

ここからは浴室、洗面所、トイレ、洗濯機置き場、クローゼット

へと移動できる、つまりDKとの間仕切りを閉めれば、風呂上りで

裸でうろうろする事ができる、あるいは、トイレの近くなったお年寄りは

水回りがすべて、ベットサイドにあるという安心な環境を作っています。

障子は以前ここに建っていた古家の建具を再利用しています。

昔と異なり、最近は建具の高さも高くなり、少し建具に袴をはかせて

現代の高さに合わせています。

ここは洗濯機置き場、上部に採光通風窓

その左はクローゼット、右は洗面、浴室と奥に続きます。

小屋裏収納へは小さな梯子があり、DKから上ります。

色彩計画は赤ベンガラと白壁、床は無垢の樺桜板、白木を生かす配色。