べんがらちゃんの目

洲崎の町屋-34

前々回の外部階段の続き

です。


手前の歩道から写している

画像です。


階段と建物との関係性が

お分かりいただけると思う。

今回の計画は

近隣コミュニティー

とも関係を持たせている。

津波の避難もそうだが

右下の木戸はごみの搬出

用だが近隣の住民の

アプローチも可能で

左手の中庭での花見

(画像上部に歩道の桜の枝が!)

バーベキュー、奥のラウンジで行われる

ヨガやウクレレの教室、

近所の合唱サークルも

利用しているなど

近隣に門戸を開いている。

年配の方々は

茶話会を共同の食堂で開き

近所の仲間も集う。

忙しい若者の

生活を年配者が

フォローするなど

通常のアパートでは考えられない

環境がそこにある。