べんがらちゃんの目

南箱根のコッテイジ7

前回6番目の写真撮影位置から

ダイニングテーブルに近づいて

写したもの。

正面の白い扉は右側の壁に

引き込まれ

写真の様な別室が現れる。

通常はこのようにダイニングと

一体化して使用されている。

既存家屋の和室で使われていた

書院の建具と欄間を

2階ゾーンに使っている。

以前の建物ではその和室に

子供たちがごろ寝状態で宿泊していた。

このように建物が新しくなっても、

子供たちの記憶とつなげることで

新しさ、よそよそしさを

和らげている。

木部の多くはオスモ、

テーブルはワトコオイルとし

ベンガラは今回階段の手摺壁

やダイニングテーブルの

腰板部分に限定している。