べんがらちゃんの目

南箱根のコッテイジ8

昨日の写真より

少し右の玄関側によって撮影した。

屋根を支える梁組だが

模型写真で見てもらったように

上から見ると

くの字に折れ曲がっており

木組みにも工夫がいる。

如何にシンプルに、美しく見せるかが

ポイントになる。

建物中央のダイニング部分は

吹き抜けとなっている。

よって手前と奥から、梁や母屋が吹き抜けに

張り出して屋根を直接支える垂木を

受けている。

中央のオスモを塗った板壁にみえる

梁は2階床を支えるほかに

吹き抜けまで伸びてきて、はねだし

先端に束という小柱を載せている。

小柱は小屋梁を支え垂木を受け

全体の木組みが成り立っている。

全体が板壁になってみえるので

どれが柱で、どれが梁かわかりずらいが

水平と垂直を意識してみてください。

すべて現れています。