べんがらちゃんの目

日本の美を伝えたい―鎌倉設計工房の仕事 2

Dancing Butterfly

画像は個室の物。

壁をグレーにし、

天井もベンガラの濃紫

と昨日と同じだが、

南側敷地境界に隣家が3階建てで迫る。

そのためあまり大きな窓を開けられない。

そのためもあるが

明りはかなり抑制されている。

壁天井床も白にしてしまう

モダン建築であれば、このくらいの

大きさの窓でもよいが

上記のように暗くする仕上げ材の

選択になっている。

暗いという意見もあるが

明るすぎるモダン建築に比べてであって

適度の癒される、落ち着きのある

明るさになっている。

昭和や、大正、明治の建築を調査するたびに

何とも心休まる気持ちになる、

原因は何か?

その一つは明るさにあると思う。