べんがらちゃんの目

日本の美を伝えたい―鎌倉設計工房の仕事 4

今回も当社の仕事ではありません。

が日本の美には違いないですね。


さて昨日の茶室は

戦前戦後、電力王と言われた松永安左ヱ門が

晩年を過ごした別邸、老欅荘の一角にあります。

ここに至るには箱根登山鉄道に乗り

小田原から一駅目の「箱根板橋」

で降り、北方向に歩くのですが、この途中には、

がんもどきと古民家で有名な下田豆腐店と

この写真の内野邸があります。

リンクはこちら

これだけの建物が私の記憶に残っていないとは迂闊です。

黒漆喰の蔵といえば川越が有名ですが、

内野邸はまったく負けていません。

蔵は本来物資の貯蔵に使われますが

ここはすまいとして使う蔵座敷のようです。

内部は見られず。

訪れた日は閉館日でした

残念!