べんがらちゃんの目

日本の美を伝えたい―鎌倉設計工房の仕事 37

「保土ヶ谷の赤ベンガラ」


昨日の写真と同じ位置で

撮影しています。


建具の操作によって

ここまで!閉鎖的な廊下になります。


右手奥のトイレドアは

昨日の写真のように

もう

ダイニングに面しているのではなく

廊下に面しているわけです。


来客を直接、和室に案内するときは

この状態で

突き当りの引き戸を開ける、

ダイニングに迎えたい場合は

左手、赤ベンガラの大戸を開ければよい、


引き戸は

開放性と融通無碍なスペースとを

プランにもたらします。