べんがらちゃんの目

日本の美を伝えたい―鎌倉設計工房の仕事 44

「保土ヶ谷の赤ベンガラ」

 

昨日の続きです。

リビングは壁で囲まれ

光を抑制し

メリハリをつけている、

としました。

この写真の雰囲気がそれです。


左の階段側は明るすぎるほど。

これでも外にウッドデッキがあり

建物はその分

へこんでいるので

光は若干抑制されています。

が、活発な動きのあるゾーンです。


片や

右側は静かな落ち着きのある

ゾーンです。

押さえた光のスペース。

前回の画像ではあまり

はっきりしませんでしたが


今回は床のフローリングに光の強弱が

はっきり現れ

それは実際以上に奥行きを感じさせます。