べんがらちゃんの目

日本の美を伝えたい―鎌倉設計工房の仕事 76

「藤枝の濃紫べんがら」


写真の左下に踊り場の床が

ほんの少し見えます。


従ってブルーの壁は

左手の白壁の裏側になります。


踊り場の床と一段下の踏板とのすきまが

明るくなっていますが

実際、すきまがあります。


玄関ホールからは

この部分の裏側が見えるので

それなりの美しさが求められます。


手前の柱にスタジオ側から梁を通し

踊り場の床を支える形で

裏側をすっきり見せます。


69や61のブログを見ていただくと

玄関ドアの左手になりますが

お分かりいただけるのではないかと思います。