べんがらちゃんの目

日本の美を伝えたい―鎌倉設計工房の仕事 91

「藤枝の濃紫べんがら」

正面は南側の壁なので 通常は大きな窓をつけます。

が ご覧のような 可愛らしい窓が一つ

も一つは 左の白壁手前にあります。

前回の画像には映っていましたね。

光を抑えた 茶室の雰囲気です。

実際天井は低めで おのずと 座ったり、寝っ転がったり、、

そうそう 昼寝にはもってこいの場所で

そよ風の通り道を小窓が創り、 眠気を誘います。