べんがらちゃんの目

日本の美を伝えたい―鎌倉設計工房の仕事 94

「藤枝の濃紫べんがら」


外観写真を撮りにゆくまで間があるので

藤枝を続けます。


玄関ドアに戻りますが

レバーハンドルは

新橋堀商店のフエロネリ。

これを使うときは

オリーブナックルの蝶番を使います。

何ともバランスの良い形!

少し様式趣味ですが嫌みがなく

上品です。


ハンドルは

毎日触るものなので

時間をかけ好みの物を

選ばれると良いと思います。


42年前の我が家建設の時は

私が商学部から

建築に移ろうとしていた時期で

設計はプロに頼みました。


基本設計だけお願いし

パーツは自己流で選びましたが

玄関ドアのハンドルは

新橋の堀商店まで出かけて吟味し

無論、現役で活躍しています。

鉄ではなく、アルミ製ですが

施錠、開錠の音が独特で

「堅牢さを音であらわすと、こうなります」

その都度、言われているような!