べんがらちゃんの目

日本の美を伝えたい―鎌倉設計工房の仕事 98

「藤枝の濃紫べんがら」


家庭雑貨を扱う会社の冊子に

すみながら家づくりをする若夫婦の記事が載っていた。


別の記事には、コストを抑える為、

大工さんが暇な時に来もらう

したがい工期も定めない、自分でできる工事は行う

そんな家づくりをする建築家夫妻。


つまり、じっくり、時間をかけて造るという

現代の世相からは遠ざかる手法だが

そこには

家づくりを楽しむという明快なコンセプトがある。


藤枝の家も

壁塗りや、木部のベンガラ塗装を家族で行い

「なかなか帰ってこないと思ったら

夜遅くまで黙々と現場で塗っていた」ご主人。


この前も外観写真を撮りに行って

久しぶりに中を見渡したが、感心した!

この家のべんがら塗装は魂が籠ってる、

十分楽しんだ、それを表す

ちょうどいい写真があったので載せます。