べんがらちゃんの目

日本の美をつたえたい―鎌倉設計工房の仕事 101

「成田の濃紫べんがら」 昨日の画像と比べると さらに建物に近づき、門の位置で 撮影している。

手前に見える3連のべんがら格子戸の 奥がガレージ部で、車2台が並ぶ。

その右の中央部が玄関だが その位置をより明確にするため 壁をへこませ、両側に門柱サイズの太い柱を立てている。

屋根の素材はガルバリュウム鋼板。

縦のライン部分には断熱材が挿入され、さらに 空気層も加わり、そのため屋根の外周部分より 1段高くなっている。

その外周部は横葺き.水平ラインを強調し 軒先のシャープなイメージに繋がる。

近傍の民家の屋根はというと、文化財級のものは茅葺、 その他は茅葺に鉄板をかぶせたもの、あるいは瓦葺きが多い。

成田の家の屋根は、黒に近いグレー。

車の色だと「ガンメタ」だが、光の射し方で いぶし銀の瓦のような光をガルバリュウムも放ち このように 素材の薄さを感じさせぬ深みを持つ。