べんがらちゃんの目

日本の美をつたえたい―鎌倉設計工房の仕事 103

「成田の濃紫べんがら」

 

いままでは建物の長手方向(平側)の写真だが

今回は短手方向(妻側)を見る。

 

これは東面にあたり

朝日がガラス面から建物奥へと差し込む。

反対側も同様にガラス面になっており西日が差す。

 

写真は前面の道路から撮影しているが、撮影位置の背面には

コンクリートの建物の壁があり、西日がその建物に反射し

成田の家を照らし

東面のガラス窓からは午後になっても明るい光が入ってくる。

 

屋根面を支える母屋という角材が屋根から跳ねだすが

その先端を隠すため幅の広い破風板を山型に回している。

この破風板を材の切り口に対して垂直につなぐと

重く感じるので下側を少し内に傾斜させている。

破風板が下屋(横葺き部分)に届く箇所を見ればその角度が

見て取れるのでは?

 

なお破風板は実際、下屋と

わずかに離し、雨の自然な流れを止めない。

 

むろん、破風板の傾斜は軒と同様、

破風回りもシャープに見せている。